問題が大きくなる前に対応してくれる

顧問弁護士を依頼してあれば、内外で問題が起こった時、即対応してくれます。顧問弁護士を依頼する際、弁護士の先生と面談し、業務内容や経営状態を把握してもらっていますし、企業内で問題になるかもしれないこと、取引先との間、またお客様との間で起こるかもしれない問題なども理解してくれていますので、問題が起こったという場合、連絡をすればすぐ駆けつけてくれるはずですし、早急に対応策を練ってくれます。

企業、また個人経営などで起こる問題は少しの時間で大きな問題に発展してしまう事があります。時間との闘いとなる事もありますので、スピーディに対応してくれないと顧問弁護士の意味がないのです。

もし顧問がいない場合、企業の業務の説明から経営状態の事などを把握してもらってから顧問契約を行い、それからやっと問題解決に動くことになるので、問題が大きくなってしまい避けたかった訴訟に発展してしまったという結果になる事も少なくありません。

対応が早ければ早いほど対処できますし、弁護士が顧問契約を結んでいる企業についてこういう問題が起こる可能性があると予測してくれていれば、即時対応の際もすでに策が寝られているので問題が大きくなることも少なくなるのです。