企業の業務に精通しているかどうか

企業が顧問弁護士を選ぶときには、法人の問題に長けている弁護士を顧問弁護士にしたいと考えるのが普通です。個人問題に強い弁護士へ依頼しても、企業の問題について対応した経験がなければ意味がありません。また企業の問題についての問題解決実績が高い弁護士でも、自分の企業の業務に対してある程度の知識を持っているかどうかも確認したいことです。

弁護士を探すとき、紹介してもらって依頼したという場合がとても多いです。例えば同業者の方に、だれか顧問になってくれる弁護士っていないか等相談し、弁護士を紹介してもらうという方法です。同じような業種、また関連する業種の経営者の方が紹介してくれる弁護士なら、その業界の事に精通し、業務に関してもあらかじめ知識を持っていると考えられるので、安心して依頼できるというメリットがあります。

建設系に強い弁護士もいますし、医療分野の問題の解決能力が高い弁護士もいます。どのような分野の企業の顧問経験があるか、弁護経験があるかなどを調べておくことが重要です。自分の企業の業務について知識を持っている弁護士なら、問題が起こった時、業務を元々把握してくれているので、問題対応が早く、トラブルも大きくならずに済みます。

全く知らない弁護士に依頼しようとすれば、業務内容から説明していくことが必要となるので、時間もかなり損です。